ミラノにできた新しくて古い空間


2020年9月15日、ピナイダーにとって新たな歴史の1ページが刻まれました。

ミラノの中心地、スカラ座やかの有名ブランド街、モンテナポレオーネの目と鼻の先にイタリア国内3店舗目となるフラッグシップショップをオープンしました。

このショップ、立地はもちろんですが、その歴史的建造物と内装にも注目が集まっています。

実はこの場所、イタリア国内に100店舗以上展開する有名な書店Feltrinelliの第一号店の場所で、昨年惜しまれつつ62年間の営業に幕を閉じ、その跡地に何ができるのかがミラノの人々の話題になっていました。

そのような背景を汲み取り、ピナイダーはこのショップを単なる販売拠点として捉えず、紙や革を使ったクラフト体験ができる場所として、カリグラフィのクラスや自分でインクや革を選んでオリジナルアイテムを注文したりできる仕掛けを取り入れたアカデミックな空間にしました。

歴史的な建物に配置されたビンテージ家具に違和感なく調和したピナイダーの美しい商品が並べられた空間はなんと300㎡。「The Writer's Club」と名付けられたラウンジではイベントも催されるとか。隣接する美術館の庭を借景に、季節の移ろいを感じながら歴史に思いを馳せるにはこの上ない贅沢な空間です。

 

Via Manzoni 12, in Milan

TEL +390236589137